本文へスキップ

石巻の遺言相続,会社設立,農振除外・農地転用建設業許可等の許可申請は、きむら行政書士
事務所へお任せ下さい

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.0225-24-8030

宮城県石巻市門脇字青葉東12-5

トップページ>個人向け相続>遺産分割の方法

遺産分割・3通りの方法

遺言書による方法

亡くなった方が残した「遺言書」に基づき「誰に・どのような割合で遺産を分割するか」を
決める方法です。

法律上の要件を満たした遺言書であれば、遺言書の内容に基づいて分割をおこないます。

遺言書が有ることで、「預貯金の払戻し」や「土地・建物・自動車等の名義変更手続」を
スムーズにおこなうことが可能になります。

相続人の協議による方法(協議分割)

遺言書が無い場合は、法定相続人同士の協議によって遺産の分け方を決めます。

協議による分割の場合は必ず、法定相続人全員の同意を得なければならず、
1名でも欠けてしまった場合は無効となるので注意が必要です。

また、分割内容は法定相続分通りに分ける必要もなく、自由に決める事も可能です。

例えば、複数の相続人の内「1人だけが全部相続する」ことも可能です。

そして、遺産の分け方が決定したら「遺産分割協議書」を作成します。

遺産分割協議書には法定相続人全員の署名・実印の押印・印鑑証明の添付が必要です。

※協議によって「私は相続放棄をするから」と主張しても、民法上の「相続放棄」に
   該当しませんので、多額の債務がある場合等は注意が必要です。

調停・審判による方法(家庭裁判所)

遺産分割協議に入ったが「分割協議が整わない」「協議をすることができない」場合等は、
各相続人がその分割を家庭裁判所に請求することができます。

調停に関しては家事審判官と2名以上の家事調停委員で調停事件を行うことになります。

なお、行政書士は裁判所関係の手続きはおこなえませんのでご注意ください。

相続に関してお困りの方は、きむら行政書士事務所へご相談下さい。


きむら行政書士事務所

〒986-0853
宮城県石巻市門脇字青葉東12-5
TEL.0225-24-8030
FAX.020-4663-0503
Mail.info@kimu-gyousei.com